都市部の戸建て賃貸なら伸び伸びとした環境で育児が可能

子育て環境を重視して賃貸物件を選ぶにあたっては、ファミリー向けの物件を多数扱っている不動産会社に相談をして、予算や日々の暮らしぶりに合うところを紹介してもらうことが大切です。最近では、都市部を中心に戸建て賃貸の物件が増加しており、注文住宅や分譲住宅と同じように一戸建てで生活をしたいファミリーの間でニーズが高まっています。こうした物件は、マンションやアパートと比べると入居の際に多額の費用が発生したり、契約時に保証人が必要となったりすることがあるものの、同じ場所に長く暮らしたい人に向いています。なお、戸建て賃貸の管理を行っている会社の中には、最新型の電化製品やインテリアを室内に取り入れているところも多く、年間を通して快適な生活を送ることが可能です。

住居費の安さにこだわるなら郊外のマンションがおすすめ

子育てに適した物件を探すうえで、毎月の住居費をできるだけ節約したい人は、交通の便や周辺環境に妥協をして郊外の物件まで選択肢を広げるのがおすすめです。築年数が古い郊外の賃貸マンションの中には、ひと月辺り五万円から十万円程度と家賃がリーズナブルなところや、敷金や礼金が掛からないところも少なくありません。また、大手の管理会社が扱う比較的新しい物件の中には、騒音防止の設備がしっかりとしているところもあり乳幼児がいる家庭も安心です。その他、募集中の物件によっては、年間を通して室内の見学に対応しているところもあるため、間取り図や写真を確認するだけでなく、入居契約の前に家族で現地まで足を運ぶことが大事です。